なけなしのお金。しかも大半を渡してしまった…



ゆいは大バカ者かもしれない…

人間として1番辛いのは食べられないとき。

 

食べたくても食べられない…

 

病気じゃなくて、

 

食欲もあって、

 

それでもお金がなくて食べられない時かもしれない…

 

食べられない辛さを知ってる…

 

だからこそ逆にママと兄が不憫に思えてしまったのかも。




5000円のうちの4000円を兄に渡す…

4000円もあれば数日は食べることに困らないと思う。

 

それに今の兄はだいぶ追い込まれてるし…

 

何よりパパもいない中でママと一緒に暮らしてるんだし…

 

せめてお金くらいは…

 

見放した事で罪悪感が生まれた…




罪を憎んで、人を憎まず…

仕方ない。

 

そうやって割り切ることができたら…

 

そう思い込もう!

 

お金のあるうちは貸すこともできるし、

 

でも、お金がない時はどうやっても貸すことができない…

 

貸せるお金があるだけまだ幸せかもしれない。




兄は前に闇金がどうとか言ってたし…

変なところからお金借りてややこしくされても困る…

 

せっかく自己破産に向けて動いてる最中だし。

 

それにもうすぐパパも退院する予定だしね。

 

今が最悪の状況だと思う。

 

だから今だけ耐えれば何とかなるかもしれない…

 

そう思って、貸せるだけ貸した…

 

お金は働けば稼げる。

 

今は辛抱の時。




残りたったの1000円…これであと約15日耐えなければ…

1日使えるお金は66円。

 

2日で120円程度…

 

コンビニでジュースも買えない状態かぁ…

 

今までの節約に更に磨きをかけないといけないね!

 

逆に燃えてきました。

 

貧乏と節約を楽しむ。

 

そういう気持ちでいたら辛さも楽しさに変わる!はず。




お金は1000円になったけど、後悔は全くない。

お金を貸すことを渋った時は心に何ていうのか…

 

もやもや感とか後ろめたい気持ちだったし、

 

兄もゆいもお互い気分は悪かったと思う…

 

でも、今は清々しい。

 

給料日まであと約半月。

 

よしっ!頑張ろう。


にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村



人気ブログランキング

↑貧乏で心までなくすところだった…
お金はなくしたけど、心は取り戻せた。
家族もご飯を食べられるし、今はそれだけでもよかった。

Follow me!