狂い始めた家族再生の思い



借金なんかで大事なものを失いたくない、なかった。

どんなにバカでも、どんなにクズでも家族って思いだけは特別だと思ってた。

 

30年間離れてた時期もあったりしたけど、

 

一緒に暮らして、一緒に育って、一緒に苦楽と共に過ごしてきたから。

 

切っても切れない縁。

 

そういう思いだってあるあずだし。


今回お兄ちゃんを見て思った。ダメだわこいつは!

みんな苦しんで、それでもどうにかしたいと思って奮起してたのに。

 

原因を作ったお兄ちゃんが必死じゃないって…

 

ゆいも悪いけど、もう助けてあげたいって気持ちがなくなった…

 

どうせまたピンチになったら、助けてくれとか、お金貸してってくるんだろうけど…


自分の人生は自分でなんとかするしかない…

厳しい事をお兄ちゃんに言わないといけないけど。

 

今は言う気もない。

 

完全に無視。

 

相手にするだけ時間の無駄。

 

今こそ変わらないといけなかった。

 

でも、その機会を失った。

 

物事に遅いって事はないって言うけれど…

 

変わろうとするチャンスってそう多くはない気がする。


借金抱えて、貯金もなく、家さえもなくなる。

スマホもなければ、

 

正社員で働いたこともない。

 

資格もない医療系の専門学校卒。

 

仕事見つかる可能性はほぼ0%。

 

普通に考えればわかる…

 

それが理解できてない。

 

今までは何かある度にママが助けてきてくれたからね。

 

今回の看護師の学校に行くって話の時もそうだった。

 

今まで簡単に助けてきてしまったのがいけなかったのかもしれない。


たぶん今回もまだ誰か助けてくれるんじゃないかと期待してるかも・・・

もう無理。

 

もう干上がった井戸の水。

 

そんな所からは水はもう出ない。

 

お兄ちゃんが全部飲み干してしまったから…

 

ゆいもゆいで借金抱えてるし、

 

今のペースでどう頑張っても借金完済は年内は厳しい。

 

ゆいたち家族の残された時間は少ない…


にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村



人気ブログランキング

Follow me!